>
>
病院長挨拶

病院長挨拶

 

 

 平成25年8月よりさとう記念病院院長に就任しました。佐藤通洋と申します。

 まだまだ若輩者ではありますが、木元副院長、八田副院長をはじめ当院の先生方のご助力を頂きながら日々精進して参りたいと思います。

 私自身、生まれも育ちも勝央町で大学時代・研修医時代は兵庫県の西宮市で過ごしていましたが平成25年1月に勝央町に帰って参りました。

当院は急性期病床、回復期リハビリテーション病床、療養病床に加え、介護老人保健施設、通所リハビリテーション、訪問看護ステーション、居宅介護支援事業所も併設しており、地域において求められ、そして満足して頂ける病院である事を第一と考えております。

 大学病院や市中大病院に比べて専門性という観点ではやはり劣りますが、当院は人工透析・リハビリテーションなどの専門性も有し、看護・介護においても世界基準のサービスを提供出来ると考えています。

 さとう記念病院は今後も患者さまに信頼され、また従事者の方が安心して働ける施設であり続けます。

 

 

 医療法人さとう記念病院

 病院長 佐藤通洋