>
平成30年度 看護部研究発表会

平成30年度 第15回 看護部研究発表会

平成30年9月26日に毎年恒例の看護部研究発表会を開催致しました。

 

 

【演題】

 

  ①在宅復帰jに向けた多職種連携における介護福祉士の役割 ~透析患者の退院支援に関わって~            (2病棟)

  ②ヒューマンエラーに関連した転倒・転落防止に向けた取り組み                    (回復期リハビリテーション病棟)

  ③難治性褥瘡患者に対する総合的ケアの症例報告                                         (療養病棟)

  ④在宅における手洗いに影響を及ぼす因子の検討 ~意識調査と蛍光塗料による手洗い調査から~  (訪問看護ステーション)

  ⑤不穏行動の多いAさんに活気ある生活を! ~意欲的な生活を送ってもらうために~                (老人保健施設)

  ⑥当透析センターでのフットケア業務に理学療法士が関わり始めたことによる、

    スタッフの意識・今後の課題に関するアンケート調査報告                             (リハビリテーション部)

 

 

佐藤院長をはじめ、総勢121名の参加でした。

今年はリハビリテーション部の発表もあり、活発なディスカッションができました。