>
>
リハビリテーションセンター

リハビリテーションセンター


当院リハビリテーション科では、疾患別リハビリテーションとして、脳血管リハビリ、運動器リハビリ、呼吸器リハビリを入院、外来患者様に対して行っております。





業 務 内 容
理学療法

 

疾病・傷害による機能障害に対する運動療法による筋力、関節可動域、協調性といった身体機能、および温熱、電気などの物理療法による疼痛、循環の改善を図ります。また、日常生活で行いにくくなった基本動作(寝返る、起き上がる、立ち上がる)や乗り移り、歩行の訓練を行います。

 

当院で実施している足底板(インソール)療法について

☆足底板(インソール)☆

足底板(インソール)とは、靴に入れる治療用の中敷きのことです。

足底板を使用することで、体重を支えている足や膝、股関節に問題がある場合、その症状の軽減が期待できます。

当院では、専門スタッフが対象者の立ち方や歩き方などを評価して良い姿勢・良い動きに近づけることを目的に、専用の研磨機・素材を使用して、オーダーメイドにて作製させて頂きます。

 

☆靴について☆

ご自身に合ったサイズの靴を履くと『疲れにくい』『歩きやすい』などの他に生活の質が高まり障害予防にもつながります。自分の足サイズや履物についてのご相談はお気軽にリハビリテーション科にご相談ください。

その他

○症状によりますが、足底板の作製には、数回の調整が必要になります。

○ご不明な点がございましたら、当院リハビリテーション科までお問い合わせください。

 

 

作業療法

 

作業活動を通し、日常生活動作訓練(食事、着替え、トイレ、入浴、整容)や生活関連動作訓練(家事、買い物、外出など)を行い、また、それらを行う為に必要な機能改善、自助具を製作(生活での不自由さを解決するための道具)し能力を最大限に活かした生活の再構築を図ります。

 

 

言語聴覚療法

 

疾病や傷害によってコミュニケーション障害(失語症、構音障害、高次脳機能障害)や嚥下(のみこみ)障害をきたした患者様に対し、機能改善を目的に訓練や指導を行ない、自立と社会参加を支援していきます。

 

 

在宅でのリハビリテーション

 

在宅で過ごされている方で、疾病・傷病のために通院してリハビリを受けることが困難な方、また、そのご家族様などに対して、病状、家屋構造介護力を考慮しながら運動能力および日常生活動作能力の維持・向上を目的として在宅生活上必要な指導を行います。

 

 

家屋改修

 

自宅での日常生活を行うことが困難なとき、必要に応じてトイレや段差、浴室、玄関への手すりを提案します。家屋調査は、リハビリ担当者が実際に自宅に訪問し段差の高さや、生活上困難が予想される部分を調査します。

当院のリハビリテーション科スタッフ
・リハビリテーション科医師 1名
・理学療法士 17名 (非常勤1名)

・作業療法士

11名

・言語療法士

3名
・歯科衛生士 1名
・助手 3名
スタッフ一同よりよいリハビリテーションサービスを提供出来るよう努力しています。

 

 

 

お 問 い 合 わ せ
0868-38-6688
受付時間 [平日]9:00~18:00(水曜日を除く)