>
>
透析センター

透析センター

 

さまざまな原因で腎臓の働きが悪くなり、腎臓がほとんど働かなくなった時に行われるのが人工透析です。

当透析センターでは、現在35床のベッドを有し約120名の患者様の血液透析を担当し、夜間透析・オンラインHDFを導入するなど、患者様の「QOL」向上のため、努力しております。

最新の医療を提供する為、近隣の施設と勉強会を行いながら、最新の知識・技術の習得に努めています。

また、当院の血管外科の専門性を生かし、シャントトラブルにも対応しています。

 

 当院の設備  当院で可能な血液浄化法*1

 逆浸透水処理装置

 A・B透析粉末溶解装置(DAD50)

 多人数用透析液供給装置(DAB40E)

 患者監視装置(DCS100NX・DCG03・DCS27他)

 個人用透析装置(DBG03・DBB27)

 多目的血液浄化装置(iQ21)

 血液透析(HD)

 腹膜透析(CAPD)

 血液濾過(HF)

 血液透析濾過(HDF)

 持続緩除式血液透析(CHD)・血液濾過(CHF)・

 血液透析濾過(CHDF)

 オンラインHDF

 

*1 血液浄化法とは病因物質(体には毒になる物)をいろいろな原理を用い血液中=体内から除去する治療法です。

 

 

 
DCS-100NX  

DCG-03

 

 

 

スタッフ募集中

 

お問い合わせ(この部分の背景色は右クリックより変更できます)
0868-38-6688(代表)
受付時間 [平日]8:30~17:30(日休み)